稲井 展博

プロとしての自覚を持ち、プロとしての立ち振舞をするようにしています。

私は未経験で入社しましたので、建設業の右も左もわかりませんでした。毎日仕事を学び一つひとつ経験として積み上がっていきました。その中で仕事を知らないなりにも、一つひとつのことを真剣に取り組み、「まぁ~いいや」という中途半端なことはせず、わからないことは何でも先輩社員に聞きましたし、時に辛いこともありましたが、諦めないという気持ちで取り組んできました。それは経験の大小は別として私たちはプロとして仕事をしているからであり、プロとしてどうかと自分自身に問いかけて仕事をしています。

現場で職長として大切にしていること。

職長としての職務を任されています。現場で怪我や事故を起こさない、起こさせないためにも皆の仕事への姿勢や取り組み方を見ています。私自身も皆の見本となれる行動をしていかなくてはなりません。何しろかっこ悪い職長では話にならないので、カッコよく仕事をするようにしています。

インタビュー一覧に戻る

COMPANY

西山建設ってどんな会社? 大手ゼネコンの一時会社として大型の建造物に携わる西山建設のあれこれをご紹介します。 詳しくはこちらをクリック

WORK

どんな仕事をするの? お仕事をわかりやすく紹介しています。
実際に社員が活躍する現場の写真もいっぱい。
詳しくはこちらをクリック

PRIVATE

寮の設備や環境は? 西山建設の寮設備は業界トップクラスの好環境です。
お部屋も完全個室でプライベートも心配なし。
詳しくはこちらをクリック